magicaldreamer.com

マジシャン魔法つかいKOJI Official Websiteマジシャン

  • マジシャン
 

VISION

魔法の瞬間。
 
それはすべての人が「ただの人」になる瞬間。
 
人種・宗教・国籍・性別・肩書きなどあらゆる壁が溶けてしまい、その場を笑顔で共有できる。
 
魔法を通して、そうあってほしい世の中が見えてくる。

 
 


 

魔法つかいになりたいと思った日

 

かなり断片的な記憶ですが、4歳か5歳のころアメリカに住んでいた時のことです。
 
 
ある夕方、屋外でディズニー映画の『ファンタジア』を見るイベントが催されていました。日本とは違っていろいろな人種、宗教、国籍を持った人が集まっていたせいか、人々が自然にそれぞれのグループごとに固まっていくつもの壁ができていました。
 
 
決して険悪な雰囲気ではないけれど、なんとなく他のグループとは必要以上に近づかないようにしている。そして子どもがあまり離れないように気を配っていました。
 
 
大人になった今考えるとある意味では当たり前のことなのですが、当時は子どもながらにその状況に違和感を感じて妙な不快感を感じていたのです。そして、他の子どもたちも同じ思いを持っているように感じていました。
 
 
大人たちが創り出している見えない壁。そんな存在がとにかく嫌だったという記憶があるのです。
 
 
しかし、その思いが解消されるできごとが起こりました。
 
 
映画の中でミッキーが魔法をつかうシーンが映し出されると、いたるところで子どもたちが「魔法つかいごっこ」を始めたのです。言葉はわかりませんでしたが、全身から溢れる子どもたち特有の言語で一目瞭然でした。「ぼくが魔法をかけたら君は勝手に踊りだしちゃうんだよ!」「ぼくが魔法をかけたら。。。」魔法に興奮した子どもたちの魔法ごっこに壁はありませんでした。次第に子どもたちの笑顔が入り乱れました。
 
 
その様子を見ていた大人たちは、「どうやら今日は大丈夫そうね」と安心したのか、会場の中に敷き詰められていた境界が溶けるように消えていったのです。
 
 
「魔法を見ると、大人も子どももみんなひとつになっちゃうんだ、スゴい!」その時そう思ったのが今の自分のルーツです。それが人生で初めて「魔法」を体感した瞬間です。
 
 
「アニメの中でどんな魔法が起こったか」ということよりも、「魔法の後にその場がひとつになってしまったこと」こそが本当の魔法に思えました。
 
 
当時はマジシャンという職業は知らなかったので頭の片隅にもありませんでした。たったひとつの小さな魔法が使えるだけでも良いので、ほんものの魔法つかいになりたいと本気で思ったのです。



HOME | VISION